カフェ・レストラン

【大多喜カフェ】極上なコーヒーとゆったりとした時間を楽しめる珈琲 抱

千葉県大多喜町の珈琲 抱(HUG)紹介記事のアイキャッチ画像

店名は『抱』と書いて『HUG(ハグ)』と読みます。

固い印象の漢字『抱』より、『HUG(ハグ)』のほうが柔らかく温かい感じがしますね。

お店のイメージは人によって異なると思いますが、わたしの感じたイメージはずばり『大人の寛ぎ空間』。お店の周りにはの~んびりとした時間が流れています。

そんな珈琲 抱(HUG)で過ごす時間は、普段せわしなく過ごす大人にとってたまらない癒し時間となること請け合いです。

くまこ
くまこ
特にコーヒー好きの方は間違いなくやられます

今回は千葉県大多喜町にある『珈琲 抱(HUG)』のご紹介記事となります。

この記事では

  • 珈琲 抱(HUG)ってどんなお店?
  • 珈琲 抱(HUG)へのアクセス・駐車場は?
  • 珈琲 抱(HUG)のメニューは?
  • 珈琲 抱(HUG)のおすすめポイントは?

ということが分かります。

 

珈琲 抱(HUG)はこんな感じのお店

納屋を改装したお店の漆喰の壁

珈琲 抱(HUG)は古い納屋を改装したお店です。この店の装いがまた素敵なんです♪

太く立派な梁と柱、漆喰の壁、杉板の腰壁

日本古来からの建築用法を用いて、光と風を上手に利用しています。そしてふんだんに木を使用。店舗は周りの環境にしっくりと溶け込んでいます。

大きな軒の下に木製のテーブルといす。

個人的にはこの席が特等席と思っています。自然の風と日差しを肌で感じることができるし、ぼーっとするには最高の心地良さなので(笑)

珈琲 抱(HUG)の店外に設けられた席

店内の席は靴を脱いであがります。四畳半ほどの空間に3つのテーブル席が用意されています。そのうちの一つは、なんと足踏みミシンをリサイクルしたテーブルなんです!

珈琲 抱(HUG)の店内にある足踏みミシンを利用した珍しい席
くまこ
くまこ
オーナーのこだわりを感じますよね。

高窓から差し込む柔らかい日差しに癒される落ち着く店内になっています。

 

スポンサーリンク

珈琲 抱(HUG)で楽しめること

珈琲 抱(HUG)の木製の看板

ゆったりと流れる時間に身を任す。

毎日せわしなく過ごす現代人にとってはなかなか難しいことなのですが、「珈琲 抱(HUG)」ではなんなく体験できてしまえます。

くまこ
くまこ
なんで、こんなに寛げるんだろう?   

と疑問に感じたわたしがその理由を考察しました。

珈琲 抱(HUG)で過ごす時間が幸せな理由
  1. 店舗の立地条件からゆったり感を感じる(環境)
  2. 自分好みのコーヒーを飲むという贅沢(味覚)
  3. 店内外共に心落ち着く色合い(視覚)
  4. 日常の喧騒から離れることで感じる時間の流れ(感覚)

本格的な焙煎コーヒーを楽しむ

手回しロースターによりじっくり焙煎された選りすぐりの豆は香り豊かでほのかに甘く、コーヒーそのものの風味を余すところなく味わえます。

引用元:珈琲香房 抱(HUG)公式サイト

おしゃれなカップで出される珈琲 抱(HUG)の焙煎コーヒー

わたしは酸味の強いコーヒーは苦手で、加えてコーヒーの知識はゼロ。どのコーヒーを注文して良いかチンプンカンプンでした(笑)

そこでお店の方に聞いたところ、おすすめしていただいたのは『グァテマラ』。

これが大正解!

酸味が少なく、どちらかというと甘みとコクを感じるとても飲みやすいコーヒーでした。

くまこ
くまこ
あぁ、これが手回しロースターでじっくり焙煎したコーヒーなんだぁ

と実感。

今回わたし達は3人で別々のコーヒーを注文してそれぞれのコーヒーを飲み比べをして味の違いを楽しんでみました。

コーヒーの知識がないわたし達でも味の違いははっきりと分かりました。が、残念なことに香りの違いはあまり分からず・・・。これは素人だから仕方ないのかな?(笑)

たかがコーヒー、されどコーヒー。コーヒーの世界は奥深いのですね。

何を注文していいかを迷った時は、お店の方に相談すると自分好みのコーヒーを教えてくれると思いますよ。

コーヒーが苦手な方には紅茶もあります。

手作りのスイーツを楽しむ

種類は多くありませんが、季節ごとに変わるスイーツが用意されています。

今回はココナッツバターチョコとクレームブリュレを注文しました。

珈琲 抱(HUG)の手作りココナッツバターチョコ

メニューを見たときココナッツバターチョコって?という疑問が・・・。 お店の方の説明によると 「ココナッツバターはチョコレートのような自然の甘味があり、低カロリーで糖質ゼロ食品なんですよ。」とのこと。

くまこ
くまこ
糖質ゼロ?ということは罪悪感もゼロではないですか

食べてみると、なるほど優しい甘みがフワッと口の中に広がりました。

でも、チョコレートのような滑らかさがないので、口の中で存在感がやや強めです。人によっては苦手と感じることがあるかもしれません。

わたしはコーヒーと共に美味しくいただきました♪

クレームブリュレは見るからに美味しそう。表面のカリカリと中のとろみ加減が絶妙で、食べてもやはり安定の美味しさでした。

珈琲 抱(HUG)のクレームブリュレ

 

スポンサーリンク

珈琲 抱(HUG)のメニュー

2019年5月5日現在のメニューになります。

珈琲 抱(HUG)の店内に飾られた黒板に書かれたメニュー

 

くまこのここをチェック✔

珈琲 抱(HUG)に向かう風情のある一本道

珈琲 抱(HUG)の私的お気に入りポイントが店舗に向かう一本道

くまこ
くまこ
まるでポストカードのようだと思いませんか?

店舗の前と横が駐車スペースなので、通常はこの道を車で入っていきます。

しかし、どうしても歩いてみたかったわたしは駐車した後に一度戻ってこの道を歩いて店舗に向かいました(笑)

店舗側から見た一本道はこんな感じです。
店舗側から見た店までの一本道

 

珈琲 抱(HUG)の詳細情報

店名 珈琲 抱(HUG)
住所 千葉県大多喜町堀之内407
TEL 090-6007-5969
公式サイト http://chiba-ken.jp/hug
営業日 水曜日~日曜日12:00~17:00(日曜日のみ19:00まで営業)
駐車場 あり(5台)

 

まとめ~コーヒーって豆によってこんなに味が違うんですね~

珈琲 抱(HUG)の落ち着く店内席のひとつ今回、珈琲 抱(HUG)を訪れての発見は「コーヒーって豆によってこんなに味が違うんだ。」ということ。

わたしはカフェオレを飲むことが多いので、コーヒー自体の味を楽しむなんてことは今まで意識していませんでした。

でもこれからはコーヒーの味の違いを楽しんでみようと思います。

大多喜町に来られた際は、別時間が流れているような寛ぎの空間で美味しいコーヒーをゆっくり堪能してみてはいかがでしょうか?

珈琲 抱(HUG)はいつでも優しく出迎えてくれると思います。

今回も最後までお読みくださりありがとうございます。

お届けは千葉県おでかけハンターを目指すくまこ(kumako_1015)でした。

ブログアイキャッチ画像『カフェポルトメゾンルームス』
【千倉】海を感じるカフェポルトメゾンルームスでゆったりモーニング千葉県南房総市千倉町にあるお洒落なカフェ&ホテルポルトメゾンルームスをご紹介します。美味しい料理とあたたかいおもてなし、そして究極のまったりが待っています。...
画面いっぱいの鮮やかな黄色のキンセンカの花(ちくら潮風王国アイキャッチ画像)
【ちくら潮風王国】休憩だけじゃもったいない!1日中楽しめる道の駅南房総市の道の駅『ちくら潮風王国』のご紹介。買う、食べる、遊ぶの三拍子揃った楽しさ満載の道の駅は、休むだけじゃもったいないですよ~♪...
こちらもおすすめ!